僕と君の間にあるもので世界をかえることについて

アニメ『輪るピングドラム』を巡る考察的な何か

小説・詩集・エッセイ等

村上春樹神の子どもたちはみな踊る 『かえるくん、東京を救う』収録
村上春樹◆ふしぎな図書館
村上春樹◆世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド

寺山修司◆幸福論
寺山修司◆ぼくが戦争に行くとき
寺山修司◆赤糸で縫い閉じられた物語
寺山修司◆不思議図書館 市街魔術師の肖像→フーディーニ
寺山修司◆ポケットに名言を ゲオルギウの言葉『世界の終わりと林檎』の話

ゲオルギウ◆第二のチャンス
上記のゲオルギウの言葉『世界の終わりに林檎を』の正しい出典元

カズオ・イシグロ◆わたしを離さないで
表紙がカセットテープのデザインのほうの文庫版、こどもブロイラー

森見登美彦ペンギン・ハイウェイ 不思議なペンギンとお姉さん、世界の果て、初恋の物語

大西科学◆さよならペンギン 世界の観測者とペンギン型お供による同類者探し

貴志祐介◆新世界より 想像力こそが、すべてを変える

幾原邦彦◆シェルブリット 1・2 人類の生存戦略、ミッシングリンクの話

安部公房◆飢餓陣営 KIGA陣営
安部公房◆壁 S・カルマ氏の犯罪

辻村深月◆子どもたちは夜と遊ぶ(文庫) イクニ監督の寄稿文がピングドラムのヒント

粕谷知世◆終わり続ける世界のなかで 

メーテルリンク◆智慧と運命(邦題『限りなき幸福へ』)

ヘッセ◆デミアン ウテナ

ニーチェツァラトゥストラはかく語りき

ユング◆死者への七つの語らい
ヘッセが『デミアン』を書くきっかけとなった。アブラクサス、卵と雛

マーク・トウェイン◆不思議な少年

リチャード・バック◆イリュージョン(村上龍翻訳版)

ガルシア・マルケス◆エレンディラ
ガルシア・マルケス百年の孤独

クリスマス・キャロルディケンズ

マッド・リドレー◆赤の女王―性とヒトの進化
鏡の国のアリスから命名された「赤の女王仮説」から遺伝子を考える、利己的な遺伝子
It takes all the running you can do, to keep in the same place.

マッド・リドレー◆やわらかな遺伝子
遺伝子と運命、生まれと育ちの話。二項対立、ユートピア幻想と悲劇

アラン◆幸福論

見田宗介◆まなざしの地獄 寺山修司永山則夫と東北と、現代

鷲田清一◆語りきれないこと 危機と痛みの哲学
鷲田清一赤坂憲雄◆東北の震災と想像力 われわれは何を負わされたのか

谷川俊太郎◆二十億光年の孤独

糸井重里(編)◆智慧の実を食べよう。

ジャック・デリダ◆そのたびごとにただ一つ、世界の終焉

 
 
 

広告を非表示にする