僕と君の間にあるもので世界をかえることについて

アニメ『輪るピングドラム』を巡る考察的な何か

『銀河鉄道の夜』を読み解くために

宮澤 賢治◆宮澤賢治全集(ちくま文庫)

見田 宗介◆宮沢賢治―存在の祭りの中へ

鎌田 東ニ◆宮沢賢治銀河鉄道の夜』精読

押野 武志◆童貞としての宮沢賢治 (ちくま新書)

斎藤 文一◆宮沢賢治とその展開 氷窒素の世界

千葉 一幹◆『銀河鉄道の夜』しあわせさがし (理想の教室)

天沢 退二郎◆宮沢賢治の彼方へ

別冊太陽◆ 宮沢賢治 銀河鉄道の夜

玄侑 宗久◆慈悲をめぐる心象スケッチ

吉本 隆明◆宮沢賢治
吉本 隆明◆悲劇の解読
吉本 隆明◆宮沢賢治の世界

谷川 徹三◆宮沢賢治の世界
谷川 徹三◆第四次元の芸術―宮沢賢治第三論

山下 聖美◆賢治文学「呪い」の構造
山下 聖美◆新書で入門 宮沢賢治のちから

植田 敏郎◆宮沢賢治とドイツ文学―「心象スケッチ」の源

梅津 時比古◆“ゴーシュ”という名前―“セロ弾きのゴーシュ”論

中村 圭志◆信じない人のための「法華経」講座 (文春新書)

モース◆贈与論

NHKテレビテキスト◆100分de名著『銀河鉄道の夜

ジョセフ・キャンベル◆千の顔を持つ英雄
ジョセフ・キャンベル&ビル・モイヤーズ◆神話の力